記事リスト

記憶力を向上させるコツ

脳

快適な睡眠と記憶力の関係

試験対策や仕事の能率向上などを目的に記憶力の改善を目指す際には、いろいろな記憶力アップの方法が提唱されています。音読や復習・運動との併用などが記憶力アップに効果的と言われており、脳の記憶力を高める成分をサプリメントで補う方法も人気を集めてきました。そうした中でも特に効果が高いと期待され、実際に科学的根拠があることが判明しているのは睡眠を利用した記憶力アップの方法です。人間の脳をパソコンにたとえると海馬と呼ばれる部分がメモリに相当し、感覚器官から入った情報が一時的に蓄えられます。海馬の記憶容量は限られているため絶えず書き換えられており、新しい情報が入ってくるたびに古い情報は忘却されることが避けられません。長く記憶にとどめておくべき重要な情報は海馬からハードディスクに相当する大容量の大脳皮質へと転送されていますが、この転送作業は睡眠時に行われます。深い睡眠のノンレム睡眠と急速眼球運動を伴うレム睡眠を一晩のうちに繰り返す中で、記憶の定着に重要な役割を果たしているのはレム睡眠の方です。夢を見るのもレム睡眠特有の現象と言われており、記憶定着の過程で過去の記憶が再生されるのが夢として認識されるものと考えられます。以上のような記憶と睡眠の関係についてはさまざまな実験が行われ、レム睡眠を阻害されると記憶形成ができなくなることが実証されています。記憶力アップのためにいろいろな暗記方法や記憶術が考案されてきましたが、毎日の生活の中で良質な睡眠を確保することが記憶力を改善させるのは間違いありません。なかなか安眠できない悩みと記憶力の低下を同時に抱えている人は、快眠枕やアイマスクなどの安眠グッズを利用することで記憶力アップの可能性があります。快適な睡眠を誘発する安眠アロマセットやベッドサイドランプなども含め、自分に合った安眠グッズを選ぶことで睡眠の改善が記憶力アップへと結びつくのです。

Copyright© 2018 足パカダイエットで楽々サイズダウン!すぐ始めることができる All Rights Reserved.